> 本人の申込でないとキャッシングはできない

本人の申込でないとキャッシングはできない

キャッシングの申し込みは本人が行なわなければなりません。
代理として他の人が申し込みをすることができないので
自分でしっかりとキャッシングの申し込みをする必要があります。

また、キャッシングの申し込みをする時は身分証明と収入証明書が要るので、
これらの書類はしっかりと準備しておくことが大切です。
仮に他の人が自分の名義で申し込みをしても、
審査において身分証明書から本人確認の作業があるので、これで必ずばれてしまいます。

夫や親の同意が必要でも申し込みは本人

そして、お金を借りるためには申込者の返済能力と信用がとても大切です。
うその申告からキャッシングの申し込みをすると信用が大きく落ちてしまうので、
今後において審査に通ることが難しくなります。
これらの点をしっかりと覚えておき、自分でキャッシングの申し込みをすることが大切です。

申し込みをする時に主婦や未成年の場合は、夫や親の同意が必要となるケースがあります。
また当然ですが個人への銀行融資をみるとわかる通り自分自身でないといけません。
このようなケースの場合に夫や親が自分の代わりに申し込みをするのかと言いますと、
それは上記の内容と同様であり自分で申し込みをしなければなりません。

この点は非常に誤解されやすいことなので、あくまでも申し込みは本人がしなければならない
ということをしっかりと覚えておく必要があります。

申し込みをする時に夫や親の同意書など必要な書類を準備することになり、
申し込みを同意人が行なうわけではありません。

保証人が必要な場合も同様

また、これと似たようなケースとして保証人が必要な場合も、
申し込む人はやはり本人であり、保証人はあくまでも保証人ということです。
このようにキャッシングは融資を受ける人、つまり契約者となる人が
自分で申し込みをする必要があるので、忙しい毎日の中で友人等に
代理で申し込みを依頼するという風な行為はできません。

そして、夫の収入から申し込む主婦でも、親の同意が必要な未成年でも、
申し込みをするのは必ず自分でなければならないということをしっかりと覚えておくと良いです。